中国から優秀な高校生がきて、僕も中国に行けることになった

どうもこんにちは、いわたがくです。
最近ずっと欲しかったドローンが届きまして、いろいろ触っております。

おもちゃのドローンですが、写真動画を撮れるわ、アクロバティックな飛行できるわ、いい夏を過ごせました.。

そんな平成最後の夏が終わったわけですが、10月に中国へ無料で行けることになりました。それと同じく7月に中国の優秀な高校生が日本にホームステイしに来ました。今回はその日本での滞在の話です。

 

なぜタダで中国にいけるかというと、イオン1%クラブという公益財団法人からの支援からでした。「ティーンエイジアンバサダー」というプログラムで、中国から高校生がホームステイに来て、僕も中国にホームステイしに行けるというもの。

学校ごとに協力して行なっているためうちの学校からは10名、関東/北海道合わせて計60人の日本人が参加していました。

 

 

日本でのプログラムは、中国から高校生が来て、授業体験 / ホームステイ / 10周年記念パーティーなどなど、盛りだくさんでした。日本ではたった一週間の交流でしたが、ずっと英語で話していたこともあり、一日が濃くてとても充実した期間でした。

たった一週間でしたが最後の方には英語がスラスラ出るようになってきたので、なんでも使いまくることって大事だなぁと思います。

 

 

中国から来た彼らは様々なプログラムを受けたのちに、授業体験やホームステイなどの活動をするという流れ。日本科学未来館で初めて会った次の日、まずは僕らの学校での授業体験でした。

IMG_7781

学校では3時間分の授業を共に受けたんですが、もちろん日本語の授業の意味はわからないので、ずっと自分たちの国での授業や文化などを紹介し合っていました。

ここで自分が当たり前に感じていたことは当たり前ではない、ということを実感できたのは大きかったです。

 

そして授業体験のあとはホームステイなので、家に一緒に帰ります。午前中で授業が終わったのでその道すがら茶道体験をしたり皇居に行ったりしました。
その後ご飯を食べて、中国では浴槽に入る文化がないと聞いていたので銭湯に一緒にいきました

「銭湯 フリー素材」の画像検索結果

風呂に入り慣れている僕でさえも「熱すぎる」と感じる浴槽は、彼には熱くてたまらなかったみたいでした。
でも体の芯まで温まる感じや入るまでの流れや文化がとても新鮮だったようで喜んでもらえたのでよかったなーと思います。

 

 

 

その次の日は定番の浅草や秋葉原にぼくの妹と一緒に3人でいきました。

まずはクールジャパンということでメイド喫茶に。自分も初めてでしたが「オタク文化」を体感できた楽しい時間でした。

 

妹やバディとわりかし気まずい雰囲気の中で「もえもえきゅん」をコーヒーに注入したあの場面を、ぼくは一生忘れることはないでしょう。

IMG_6299.jpg
なぜか妹はだれよりもノリノリだった

 

 

メイド喫茶のあとは秋葉原・浅草を周り、ぼくら日本の家族が集まって行われるパーティーに参加するため移動。学校ごとにいろいろな出し物をしていました。

 

ぼくらはソーラン節を。感謝の夕べということでその日が彼と僕らの家族が会うのは最後の日でした。短い時間しかいなかったけれど別れを惜しむ姿はなんだか儚げでした。

 

 

そしてぼくらが会う最後の日は政府機関への表敬訪問でした。国やイオンが全面的にバックアップしているプログラムなので、首相官邸に訪れることができました。

 

000382001.jpg
実際の訪問の様子

 

首相官邸に行く機会はまずないのでとても貴重だったなぁと思います。ありがたいことです。

 

そして今年でちょうどこの事業が10周年、そして日中平和友好条約締結から40周年ということもあり、これまで参加してきた日本の元高校生たちも参加していました。

 

そして夜にはそれらの人たちが集まる「10周年記念パーティー」が帝国ホテルで行われました。

たくさん政治の世界での要人みたいな方々も来ていて、いろいろ学ぶことがありましたね。大変豪勢な宴会で驚きました。
IMG_2852

こんなすごい氷がありました。

 

IMG_2854.jpg

一般庶民なのでこんなしょうもない遊びをしてしまいます。

 

 

このパーティをもって暫しの別れとなってしまうので寂しい思いもありながら、10月に中国で再会することが楽しみな思いもありました。

IMG_6295

 

この一週間の経験はぼくの宝物になったと思います。このプログラムに参加することになったのは特段中国の思い入れが強かったわけでもなく、なんか面白そーだし申し込みしてみよう、と思ったことがきっかけでした。何にでもやってみようと思う精神がほんとに大事ですよね。

 

なんでも「めんどくさいからやらなくていいや」と思うのではなく、ちょっとやってみる感覚でパッと飛び込むことの積み重ねが人生をより豊かにするということを大事にしてみたらいいかもしれないと思いました。10月の訪中の記事を書いたらまたあげます。ではまたさようなら。

 

 

<追記>

10月の訪中の記事を公開しました。今回よりもボリューミーに書いているのでぜひ→

【日中前編】北京にタダで行かせてもらえた

 

 

 

 

 

 

 

1件のコメント

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中