中高生にとって旅のしやすい環境とは!

みなさん、初めまして。

都内に住む中学三年生の岩田楽です。

残り2ヶ月の中学生生活を過ごしながら、「やりたいことをやっている中高生」を増やすため、学生団体を仲間と立ち上げ・代表をやっています。

実はぼく、13歳(中一)と14歳(中二)のときに一人旅をしてるんです。

timeline_20170930_123315

↑姫路城にて。とっても美しく、感動した。

詳しいことはこちらから

 

 

それで前述の通り中1と中2の時、夏休みに一人で旅をしてきました。

13歳の時、自分で好きに計画を立てて、好きな時間に、好きなところへ行く。初めての経験にワクワクで楽しかった。自分の視野がぐぅぅんと広がった気がした。

14歳の時、そのワクワクを目指して旅をした。それなりに楽しかった。自分の行きたかった観光地・神社には行けた。

その地域には「行った」

でも、その地域を「知れなかった

 

それは自分が「人」とほとんど話さなかったからなんですね。物足りなかった。自分だけの旅には思えなかった。

次に旅をするときは見知らぬ人と話そう。もっと自分だけの旅をしよう。そのために自分を磨こう。

そう思って早1年半、勉強や部活がやっと一段落ついた今。「自分の旅」をしたい。

『中高生がもっと旅をしやすい環境にしたい』

中一と中二の時にやった一人旅。

学校の友達にそのことを話すと

「いいなぁ。。やりたいけどお金ないし、まずどこ泊まんの。まず親からダメって言われるわ」

と思いと行動へのギャップがありました。

この常識を変えることが「やりたいことをやっている中高生」を増やすことに繋がる、そう確信しています。

そして、中高生が「旅」をすることには可能性が満ち溢れている。規模に小さくても、必ず一人旅はした方がいい。

「何もしない旅はあるけれど、何も得ない旅はない」という言葉があるように、

旅では必ずなにかを得られるし、閉鎖的な空間で日常を過ごす中高生にとって、自分を客観的に見れるいいきっかけになる。

逆に自分を客観視するきっかけがないから、自分で自らを傷つけてしまう中高生が後を絶たないと思う。

 

だから中高生が旅をしやすい環境を作りたい。

それで、彼らの「やりたい」を「やる」にするために、何が思いの障壁になっているのか考えてみた。

  • 親からの同意が得られない
  • 泊まる場所がない
  • お金がない
  • そもそも自分の旅って意義があるの?

親からの反対の主な理由は「安全なの?」「お金かかるもん」。逆にここが解決できれば旅に行きやすそう。

 

旅の意義については前述の通り、意義は絶対にある。だから僕は、安全性やお金の問題を解決できる、「中高生が国内を旅しやすい環境・システム作り」をしたい。

そして、「やりたいことをやる中高生を増やす」ためには、自分がやりたいことをやって、背中を見せたい。

この3つの想いを達成するために、クラウドファンディングという手段をとります!

 

だからポルカで僕の旅を応援してくれる方を募ります

クラファン

https://polca.jp/projects/Y08sTjYtzum

そしてこの自分がクラウドファンディングによって、「中学生でも一人で旅ができるんだ」と思ってもらって、中高生の選択肢を広げたい。

 

北海道で中高生向けにイベントの主催することが決まっています。秋田でも中高生のワカモノ会議に出る予定です!

 

リターンとして、

パトロン限定のFacebookグループに招待して、中高生視点の「旅」「地方」「出会い」を発信します!!

 

中高生の旅がしやすい環境作りのためにも、応援してください!

https://polca.jp/projects/Y08sTjYtzum

 

*************************

僕の前に道はない

僕の後ろに道はできる

Gack

15years

2件のコメント

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中