Gapをうめる

昨日、知り合いが主催するイベントに参加してきました。

自分の学校の友達を誘った初めてのイベントでした。

 

なぜ今まで学校の友達を誘ってなかったかというと、

学校の友達に

そういう意味での

諦念を抱いていたから

 

しかしエレエントコード診断を受けて、

諦めてしまっているのが、

学校をつまらなくしている

原因の一つだと気付きました。

 

それで友達を誘ってみたら、

漠然と興味を持ってた子が

たくさんいました。

 

これは誘うっきゃないでしょ!!!!

 

ということで

学校をも巻き込みます!

 

 

ここらで私めの思いは置いといて…

昨日行ったのが、

このTeen’s Global Workshop

 

http://beasone.sakura.ne.jp/tgw/

 

ワークショップの流れは

職を学び

それからディスカッションをして、

動画として作品にする

 

具体的には、

今回は「商社」について知りました。

商社という言葉は聞いたことがあったけど、

なんの意味を持つのかを知らなかったので良かった。

 

(僕の解釈では、

商社は人と人との介在役を担っている。

つまりGapをうめる役割を担っている。

そしてある程度のリスクを請け負うことで、商いとして成立している。

しかし、インターネットの普及により、個人間のつながりが増え、厳しくはなっている。)

 

ここでキーワードになってくるのが

Gapをうめる」ということ

 

そのあとのワーク

画一性を求める学校と、多様性を求める社会

この二つの

Gapについて、

何がそうさせているのか

どうしたらこのGapをうめることができるのか

 

内容が自分のやりたいこととドンピシャでした。

ここで未来のために

僕らができることを

同じ世代・学校の子たちと

話せたことで

新たな行動への一歩へとなりそう!!

 

そして主催者さんのやりたいこととも共感できたので、これからも応援させていただきます!

 

************
僕の前に道はない 僕の後ろに道はできる

Gaku

15years

カテゴリー:

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中