a.shool探求創造ラボ、スタート!

a.school、木曜日の探求クラスでの学び


探求が中心だった秋コースは終わり、冬コースは創造が中心の授業
資生堂の、ヘルスケア部門でマーケティングをしている方に来てもらった


資生堂は有名な、化粧品やシャンプーなどの体を外から美しくするものだけでなく、内面から美しくするものも作っているのだとか
アイディアを出すときのコツや、企画の流れを体系的に教えてくれた。
考える→確かめる→具体的に考える、の3つの方法が企画の立て方ではとても重要。
場面での悩みや願望を考えると、needsが捉えらえるため、効果的なんだとか
使うのは自分たちのような人なのだから当たり前なのかもしれないが、

忘れがちになる重要なことだと思った

専門の人に聞くと、自分たちが持っていないものを学ぶことができる

もっと企業や専門家の話を聞きたい

そして、話を聞けるような機会をたくさん欲しい

学校と企業の結びつきはできないだろうか?
************
僕の前に道はない 僕の後ろに道はできる

Gack

13years

カテゴリー:

1件のコメント

  1. マーケティングは販売を不要にする、とはドラッカーの有名な言葉です。

    売るのではなく、お客様が欲しくなるようにする!

    いいね: 1人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中