フィリピン滞在記④

フィリピンのスーパー

日本との違い

まずは肉売り場。
日本ならば肉は新鮮度や清潔度を保つためにガラスのケースの中に置いてある。

しかーーーーーーし!

1438417186461
フィリピンはそのまま外に放置しているような置き方。衛生上問題があるじゃないんでしょうか…
フィリピン政府(笑)

米の売り方も違う。
日本のスーパーは全て袋売りされている。
しかーーーーーし、フィリピンは量り売りが主流。
米の種類の豊富さは日本のスーパーに負けないのでは?
1438396046966

さらに野菜の大きさ
僕が行った所では
オクラやナスなどの大きさは普通より大きめだが、
白菜やキャベツは妙に小さすぎる

野菜を大きくする薬を使っているのなら、
キャベツや白菜にも使えばいいのにー、と思った。
何か理由があるのだろうか?!

20150801_171724

日本との相違点はスーパーに限らず色々な所にあります。
(当たり前?!)
その相違点をできるだけわかりやすく
今後もつたえていきます!!

国内だと『ところ変われば品変わる』レベルですが
国外だと『国が変われば当たり前がひっくり返る』ですな~~

************

僕の前に道はない 僕の後ろに道はできる

Gack
13years summer

1件のコメント

  1. 量り売りは面倒な様でも、自分の欲しい分だけ取れるから意外といいよね!
    ナスは種類自体が日本と違うのかも。
    中国のナスも大きかったでしょ?あれは成長剤のせいではないと言われたことがあったから。

    いいね: 1人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中